積みプラ戦記(briefing)

メインの発信拠点であるホームページ「積みプラ戦記」での近況活動や見通しについて。プラモデルとミニッツレーサーとモンキーのことばかりです。

日常への復旧準備中

少し間を空けています。

私生活が忙しく、ブログ更新はできませんでした。

ようやく落ち着いてきたので、少しずつ日常に戻そうとしているところです。

以前と同じには戻れない程大きなものを失った出来事がありましたが、それでも人生は続きます。だからせめて以前と変わりない日常に戻して、楽しめることは楽しむようにしたいと思います。

このブログでは以前と変わりなく趣味を楽しむ内容を書いていこうと思います。

 

進行中のプラモ

RG「ジャスティスガンダム

パチ組み終了。手のパーツをひん曲げてしまって指がバカになっちゃいました。

 

HGUC「ジムⅡ デザートカラー U.C.ver」

製作中

 

 

MINI-Z MR-03VE Pro 購入

MINI-Zスポーツ2を2月頭に購入してから2ヶ月半。サーキット走行も10回くらいは行ってるでしょうか。

ここにきてMINI-Z MR-03VE PROのシャーシ・送信機セットを購入しちゃいました。完全に勢いです。

スポーツ2のセットの方は、僕の話を聞いてミニッツをやってみたいけど金がないという友達に安く譲ることにしました。

 

さて、ここでミニッツのシャーシ型について簡単に解説。僕も最初はなんの知識もなく、後々で調べてみたことについて整理しておきます。

グリップ走行に適した2輪駆動のMR-03とドリフト走行向きの4輪駆動のMA-020が現時点での最新型シャーシです。

このグリップ走行向けのMR-03についても、グレードが分かれています。

僕の持っていたMINI-Zスポーツ2というのもグレードの一つです。

入門者向けのスポーツ、スポーツ2も上級者向けとされるブラシレスモーター仕様のMR-03VE PROもどちらも同じMR-03シャーシとなっています。

ということはパーツ交換をすることによってスポーツを上級者用のVE PRO仕様にすることもできるのです。つまり、グレードの名称も価格もそのパーツの組み合わせからくる差異なのです。

もっとも大きな違いは、搭載する基盤です。これが価格差の大部分です。

基盤によって電波方式が異なっているようです。

スポーツ系は廉価版のFHS、FHSSとなっており、ノーマルはASF、さらにPROはMHSとなっておりそれぞれ互換性がありません。そして電波方式が使用できるプロポも決定付けています。

 このあたりは、値段の差がそのまま性能差になっていると思っていいでしょう。

そして、PRO仕様の基盤はブラシレスモーター搭載型です。

 

僕が購入したMR-03VE PROセットはその最上位シャーシとプロポのセットです。但しプロポはKT-18という標準グレードで、シャーシにはボールデフが付いていなかったりと少し値段が抑えられているものでした。

このシャーシにEX-06Rというプロポの組み合わせが最強らしいです。僕もこのプロポの購入を検討しております。流石にいますぐは経済的に無理ですけど。

 

 

MINI-Zを始めてその魅力にハマってから、これは長く続けたいと思いました。

それならこのブラシレスモーターのシャーシが欲しいと思っていたときにそこそこの値段で売られていたので購入することにしました。

 

このセットのシャーシはW-MMタイプ。つまりフロントトレッドがワイドでモーターマウントがMMタイプです。MR-03はフロントトレッドとモーターマウントを組み替えることができます。僕が持っているボディ、ポルシェ911GT3に合わせるためにフロントトレッドをナローに、モーターマウントをRMに変更することから始めました。

モーターマウントパーツを近所のラジコン専門店で購入して、慎重に作業をしていたつもりでしたが、パーツにビスを締め込む際に、ネジの頭がちぎれてしまうというトラブルが発生。パーツをダメにしてしまいました。

どうやら、今使っているドライバーではMINI-Zのビスを締め込むのが難しいみたいです。タミヤのドライバーセットなんですけど。

そこで、再びラジコン専門店を訪れたときにドライバーも購入しました。

ミニ四駆用のプラスドライバーですが、これはMINI-Zにピッタリです。同じタミヤのドライバーでサイズも同じはずなのにネジの溝に入り込む深さに違いがあるのでしょうか。

このドライバーはしっかりとネジの溝にハマるようで非常に作業がしやすくなりました。オススメです。 

タミヤ クラフトツールシリーズ No.121 ミニ四駆プラスドライバーPRO 74121

タミヤ クラフトツールシリーズ No.121 ミニ四駆プラスドライバーPRO 74121

 

 

そんなこんなでなんとか シャーシをN-RM型に変更することができ、所有しているポルシェ911GT3を合わせることができるようになりました。

 

さて、いよいよ新型シャーシのコースデビューです。

さて、スポーツ2との圧倒的な性能差を感じられるのだろうか?と期待しつつ試走してみた感想ですが。

ボールベアリング、ジャイロを装着したスポーツ2とは「それほど違いがない」と思います。

プロポも異なるし、ブラシモーターとブラシレスモーターの違いもありますが、圧倒的に違うという感じはしませんでした。

むしろこれからの伸び代のための先行投資と考えていいかと思っています。

 

次はさらにスピードアップを目指しますが、ここでいよいよセッティングの必要性を感じることになります。

それでは今日はこの辺で。

 

iPhoneから一言

f:id:unicorn0vf25:20180417235550j:image

最近、ミニッツレーサーばかりじゃねえ?もう俺はいいんか?あ?

 

いや、全くその通り。

でも決してガンダムと決別したわけじゃないの。いまはミニッツが面白すぎてそっちに時間持っていかれてるだけなの。ちゃんと帰ってくるから。

 

週末はミニッツを走らせて、平日は仕事でクタクタで、ブログ更新のためにPCに向き合えてない私です。

ミニッツレーサーは少しずつ進化していて、いま壁に当たっています。スピードが上がるに連れてうまくコントロールできない。壁に刺さりまくりです。

パーツの変更での対応はそこそこにして、腕を上げることが先決ですね。日曜は人が多く、下手くそな私は迷惑かけまくりなので、次は土曜に行ってある程度まともに走れるように練習します。

それでも常連の方は皆さん親切にしてくれて、とても有り難いです。

 

f:id:unicorn0vf25:20180418000512j:image

 

NINI-Z サーキットデビュー

前回の続きです。

 

MINI-Zスポーツ2レディセットを持ち込んで、トップフォース印西でサーキットデビューしました。

こちらのお店にはMINI-Z用サーキットが2面ありまして、ドリフト用とグリップ用という位置付けのようです。

たくさん座席のあるピットに腰を下ろして、準備をします。といっても箱から出すだけですけど。

前日に充電しておいたバッテリーを車体に組み込んで、ペアリングを説明書を見ながらやって見ましたが、説明書に書いてあるようなLEDインジケーターの点滅がない。

あれあれ?といじくっているうちにいつの間にかペアリングができた模様。プロポの操作に反応するようになりました。ところが、電源を入れた途端にプロポは何もしていないのに、前輪が左に目一杯切った状態になってしまいます。ステアリングトリムを目一杯回してもまっすぐにならない程なので、焦ってiPhoneで検索をかけてみると車体のリセット処理で戻るとのこと。無事、電源ONで前輪が真っ直ぐになりました。

 

さて、いよいよコース走行です。

この日は、他のお客さんが2名程で少なかったのですが、いきなり大きいグリップ用サーキットで走らせるのは気が引けたので、誰も使っていなかったドリフト用の小さなコースでトライしてみることにしました。

MINI-Zスポーツシリーズには僕のような初心者向けにトレーニングモードという機能が実装されており、速度を半分まで落とせるらしい。まずはこれでしょうということで、恐る恐る走らせてみました。

十数年ぶりのラジコンですよ。流石にどっちにホイル(ステアリング)を回せばいいかくらいは分かりますけど、切る分量は全くもって見当違い。大概切りすぎてイン側の壁にぶつかります。

それでも、めっちゃくちゃ楽しい!何週かして一息入れるためにコースから離れましたが、変に充実感がありました。それでもって緊張しながら操作してるもんだからやたらと疲れる。

大きいグリップ用サーキットでは常連の方がそりゃもうすごいスピードで走らせてます。下手くそが邪魔したら申し訳ないと思ったので、誰も使っていない小さなドリフトコースでトレーニングモードで練習を続けていました。慣れてきたところでトレーニングモードからノーマルモードへ。スピードアップしたので、さらに壁にぶつかりまくりです。

その時、常連の方から小さいサーキットは返って難しいので、こっちの(大きいほう)サーキットで走らせた方がいいですよ、と声をかけてもらいました。

ちょうど、誰も走らせていなかったのでお言葉に甘えてグリップコースで走らせてみることにしました。

何が難しいって、まっすぐ走らせるのが一番難しいんですよ。コーナーを回ってストレートでフルスロットルといきたいのですが、コーナー抜けた後の車体とコースが並行になっていないのでそのまま壁に寄っていってもぶつかるんです。ほんのわずかな時間でコースと並行になるように修正しなければなりません。こりゃ練習が相当必要だと思いました。

その後、先ほどの常連の方からまた声をかけていただき、走らせる上でのアドバイスを頂きました。このサーキットにマッチしたタイヤの交換についてとか、操縦方法だとか。素人丸出しで飛び込んでいったわけですが、とても親切にしていただいて正直感動しましたよ。

 

その後も、休みの日はなんとか時間をやりくりしてトップフォース印西に通っています。日曜の午後ともなると10台くらいが同時に走行していたりと結構賑わっています。下手くその僕が参加していいのか迷うこともありますが、常連の方が声をかけてくれることも多く、ウェルカムムードのあるとても良いサーキットです。

サーキット走行3回目くらいに、ベアリングとジャイロユニットを装着しました。さらに、LEDヘッドライトも。スポーツ2基盤の空いている端子は全部埋めたかったのです笑。ジャイロユニットは、ステアリングの切りすぎを抑制する機能で、強く効かせ過ぎると曲がりにくくなるものの、直線では自動でまっすぐ走るように舵角を調整してくれるので、思い切ってスロットルを押し込むことができます。

さらに、モーターのピニオンギアを6Tから7Tへと変更しました。この数字はピニオンギアの歯数を表すもので、6Tは最も加速寄りで数字が上がるごとに最高速寄りになっていきます。

5回ほど通う頃になるとコースの壁にぶつけることも少しずつ減ってきた感じがします。それでも、焦るとピンボールのようにあっちこっちにぶつけるんですが、穏やかに走れているときはそこそこスムーズになってきたかも。

時間を見つけてなるべく練習に行けるように頑張ります。

 

f:id:unicorn0vf25:20180321034827j:plain

 

 

 僕の使用しているミニッツスポーツ2は1世代前になるようなので、現行の入門向けセットはミニッツRWDになるみたいです。

シャーシは同じMR-03なので、ほとんど違いはなさそうです。

 

 


 

 

モンキーは雪の日も走れる。エンジンが止まらなければ。

今日は春の嵐と予報されていて、明日の通勤時間帯がピークとなるらしいです。やだなあ。

数日前も同じように大雨が帰る時間と重なってしまい、そんな中モンキーで帰ったんです。パワーフィルターは湿度の影響を受けます。走っている最中にガブガブ言い始め、信号待ちでプスン。ちょうど大型スーパーの横だったので、押して屋根のある場所に移動して、ドライバーでキャブのエアスクリューを少し回して燃料が薄くなるように調整してみました。

 

湿度が高いと、混合気は濃くなります。ここに気温の要素も加わるので一概には言えないのですが、湿度が高い場合は点火プラグが真っ黒く煤けて(いわゆるかぶった状態)いるので、混合気が薄くなるようにエアスクリューで調整してみたのです。

少しアイドリングも高くなるように調整。信号待ちでもエンジンが止まることなく無事に帰りつくことができました。

この日はあえて雨の中を走ってエアスクリューをいじるとどう変化するかを確認したかったんです。

 

去る1月22日。関東で4年ぶりの大雪が降りました。この日、雪が降る予報はちゃんと出ていたんですけれど、大したことはないだろうとモンキーで朝、出勤してきたのです。

結果として、昼過ぎから雪が激しくなり職場でも業務に支障がない者は早めに帰宅するようにという通達まで出ました。

僕も、その言葉に甘えて早上がりをすることにしました。外に出るとすでに車道も雪が積もっている状態。

バイクで雪道は危険すぎます。こりゃまずいかなと思いつつも走り始めました。タイヤは標準ブロックタイヤではなく、チューブレスのオンロードタイヤであるダンロップのTT100ですが、車重が軽いせいか結構ちゃんと走ります。油断をすればズリっといくでしょうけど、気をつければ行ける。これくらい走れるなら帰れるかも・・・と思ったときにエンジンが止まりました。交通渋滞が発生しており、この時も信号待ちでアイドリングしていた時でした。キックですぐに始動はするのですが、ブレーキをかけて停車したときは頻繁にエンジンストップ。そして、ついにキックでもエンジンがつかなくなってしまったのです。

後ろの車に合図をして押して歩道に退避して、雪を多少凌げそうな高架下まで押して歩きました。雪はかなり激しく降っています。

プラグを確認すると真っ黒く煤けていました。念のために持っていた、真鍮ブラシで煤を落としてからキックを試みるとエンジンは無事にかかりました。高い湿度と寒さで、プラグがカーボンを焼ききれていない状態のようです。

すでに車道も雪に覆われておりチェーンなしでは車も危なくなりつつなる中、モンキーはちゃんと走ってくれました。滑って転ぶかと思っていましたが、結構ちゃんと走れる。車重が軽いのがよかったのか、TT100というタイヤができる子なのか。

その後も、赤信号で度々エンジンが停止しましたが、なんとかキックで再始動することができていました。なんとかごまかしながら走らせていたときのことです。

突然、モンキーのエンジン回転数が上がり始めました。渋滞の中徐行している最中に、1万回転です。クラッチを握っていたので急発進することはありませんが、驚きましたよ。しかも、アクセルが固まって戻らない!

これには流石に焦りました。グリップを強引に動かしてなんとかエンジン回転を下げることができ、何事もなく停車させましたが、周りの車はさぞ驚いたことでしょう。

なぜこうなったのか、その時は皆目見当もつきませんでした。ワイヤーが寒さで凍ったのかと思いました。その事象はその後もう一度発生しましたが、グリップを少し強めに捻ることで動かせました。

後日、この事象について調べてみたのですが、どうやら「キャブレターアイシング」が発生したっぽいです。これは湿度が高く、気温がとても低いときにスロットルバルブが凍結してしまうというもので非常に危険な現象です。

僕は、なんとか無事にやり過ごすことができましたが、こういった危険があることを考えると、雪の日は乗るのは控えるべきですね。良い経験になりました。

その後、停車する度にエンジンも止まるし、流石に限界だと感じたので嫁さんに連絡して車で迎えにきてもらい、モンキーは車に積んで帰りました。すでに車でもノーマルタイヤではスリップする状況なので、ピップアップの際にチェーン装着しました。

 

さて、キャブレターアイシングや雪道の走行は仕方がないものとしても、湿度が高い状況でのエンジンストップは改善したいと思いました。通常の雨でも湿度は当然上がりますから。

そこで、冒頭の文に戻るわけですが雨の環境でもキャブレターの調整だけでアイドリングを維持できるかどうかを試したかったのです。

一応、エンジンが止まらない程度には安定させることができると分かったので、この雨の日のライディングは実りのあるものでした。

繰り返すけれど、流石に雪はやめた方がいいです。意外に走れるけど、他で色々厄介。

 

RCカーの思い出とMINI-Zでの再開まで

今週末は土日共に休みだったので、趣味に時間を使うことができました。

まず、のんびりペースでやっていた、PS3「大神 絶景版」をようやくクリア。戦闘などの難易度は低いので、すぐに終わるのかと思っていたら、話のボリュームが結構あり、しかもしっかりとしている。クリアまで40時間を超えました。アクションゲームとしてはなかなか長丁場だと思います。しかも、非常に奥深く爽やかなストーリー。

雰囲気は作り込まれたというよりかは、日本の神話の大らかさを取り込んでいたように感じました。少し時間をあけて2周目しようかな。

ゲームも色々並行して進めているので、その辺をクリアしていくのが先ですね。

「大神 絶景版」とても良かったです。

 

プラモ進捗について。

HGUCシナンジュのパチ組みが終わりました。

f:id:unicorn0vf25:20180225215655j:plain

こちらのレビューに関してはウェブサイト側で記事を執筆中です。すでにRGが販売されているので、HGUCは今更感がありますけど、かなり出来が良くて満足度は高いです。

だから余計にRGの製作も楽しみになります。

ちなみにRGで今製作中なのはイージスガンダムですけどね。

 

今日の主題。

前回のブログで京商の小型RCであるMINI-Zを始めると書きました。

購入後の箱開けからサーキットデビューまでを今日は書こうと思います。

 

まず、はじめに。ラジコンって敷居が高いと思います、僕は。

僕は最後にラジコンに触れたのは十数年前で、会社の同期と始めました。勢いでタミヤのRCキット(インプレッサのやつ)とプロポ一式を購入して組み立てたはいいけれどなかなか走らせる機会がない。そもそも忙しくて、当時なかなか休みがなかったので遊べないのに加え、友達と合流できるサーキットはやたらと遠かった(片道電車で2時間!)。

ようやくRCカーをサーキットデビューさせることができたのは、相当経ってからでした。僕のRCカーは既に型遅れとなっており、スペアパーツを入手することも困難な状態となっていました。

なんとなく覚えているのは、初めてコースを走らせてみて最初のコーナーでフロントのダンパーを支えているパーツがへし折れて横転したこと。スペアパーツもないので部品の交換もできず、応急で直してみたものの、やはりコーナーで同じところが折れてしまい、それっきりで終わってしまったということです。1周もできずに終わってしまいました。

 

それから、十数年が経ちMINI-Zを見かけて一目惚れしてしまった僕はもう一度RCカーにチャレンジしてみようと思ったのです。

嫁さんから買ってもいいという許可が降りたその日のうちに買ってしまったので、実はMINI-Zのことはあまりわかっていませんでした。

というわけで、買ってしまってから色々調べることになるのですが、まずは自分が買ったMINI-Zスポーツ2というグレードについて。入門者向けのオールインワンセット(レディセットという名称)になっているのですが、これはどのくらい頑張れるのかというのが気になるところです。

どうやら、すでに入門セットには後継種が出ているらしい。MINI-Z RWDやFWDというシリーズがそうらしいです。僕が買ったのは1世代前のものだったみたいです。通りで割引価格だったわけだ・・・。

そして、もう一つ気になった点。それはスポーツ2もRWD、FWDシリーズもそれぞれ互換性がないという情報。シャシーやボディーはどれもMR-03というタイプなのでパーツも共有されているのですが、送信機と受信機が異なっており互換性がないらしいのです。

そして、上位機種に乗り換える場合はプロポもシャシーも全て置き換える必要があるみたいです。どうも初心者セットをどうやら仕様を変えて濫発しているっぽいですね。

 

まあ、それならそれでいいです。今のスポーツ2を乗りこなせるくらい夢中になれたら次のマシンのことを気にかけましょう。今の所、結構マジにやろうと思ってるんですよ、MINI-Z

 

さて、MINI-Zスポーツ2レディセットさえあればもう走らせることができるんです、が。肝心な電池を用意する必要があります。

これはちょっとわからないので、サーキットがあるショップを下見に行ったときに店長さんに直接聞きました。

プロポは普通のアルカリ電池でいいけれども、ボディー側にはteamORIONのニッケル水素電池が定番だそうです。充電器と電池をセットで購入しました。このサーキットのあるショップ「トップフォース印西」でサーキットデビューを飾りたいと思います。

 

続く。

 

2018年からの新たな挑戦

2018年をふた月以上も経過してますが本年最初の記事になります。

当ブログは、僕の主の活動サイトである「積みプラ戦記」の外部宣伝用として、サイトに記事としてまとめる前のプロットを先出ししたものです。Webページに載せるにはHTMLで記述するので本サイトに載せるにはどうしても時間がかかります。その間に書きたかったことを忘れないように残しておくといった備忘録的な使い方をしています。

僕の趣味(模型、バイク、ゲームなど様々)に関連する、進行中の出来事やこれからやってみたいことなどを書いていることが多いですが、なかなか内容を膨らませられない出来事や、単発で終わってしまうような事もあり、それらはブログのみに書いて終わりにしています。重複した内容となるのが前提ですので、被った記事なんぞ読みたくないと思う方もいるかもしれませんが、Webページではより伝わりやすいように文章や構成を見直して、再読する価値があるように努力しておりますので、ご覧になっていただけると非常にありがたく思います。

メインのWebサイトはこちらです。

 

文章を書くのは比較的好きなのですが、いかんせん文才がなく表現能力も大したことがありません。できれば読んでいて楽しめるような内容にして行きたいのですが、それも数をこなして少しずつ上達できるように努力していくしかないですね。

 

さて、2018年から新しいことを始めてみようと思います。

それはズバリ、ラジコンとミニ四駆です!

きっかけは、家族で遊びにいく途中で立ち寄ったラジコン専門店で見かけた京商ミニッツレーサーでした。

ミニッツレーサーというのは、約1/27スケールという小型のラジコンカーです。これの初心者向けレディーセットというのをたまたま見つけた自分の中に電撃が走ったんです。滅茶苦茶カッケェ。これやってみたいと。

 

普段からよく行くホビーショップにもラジコンコースが併設されており、走っているのを見ることは多いのですが、それほど食指が動かなかったんですね。最近はドリフト走行のラジコンが流行っているのでしょうか。そのホビーショップにあるコースもドリフト用なのです。横滑りさせながら走らせているのをみていて面白そうだなーと思っていましたけど、自分もやろうとまでは思わなかった。

ラジコンは昔ほんの少しやっていたこともあるので、イニシャルコストが結構掛かるんですよ。始めるには結構勇気がいる金額が必要。

ですが、このミニッツレーサーを見たときは何かのスイッチが入ってしまったらしく、ちょっとこれどうしてもやってみたいという気持ちが芽生えてしまったのです。

そのとき、衝動買いはしませんでしたがそれからネットでミニッツレーサーに関しての情報を集め始めました。

最大のネックは遊べる場所、つまりサーキットが近所にあるかということ。これがなければ早々に自分には関係ないと諦めたのですが。

最初にミニッツを見たラジコンショップがミニッツ用サーキットを設置していたし、どうやらもう一件遠くない場所にあるらしい。これではやらない理由がないではないですか。

昔、電動ラジコンカーを会社の同期と一緒にやっていたとき、早々に廃れてしまった理由はサーキットが遠すぎたという点だったのです。車体にプロポに工具にバッテリーと結構な荷物を持って長時間電車に乗って行くのはあまりにもしんどかった。 

ですが、いまだと車で30分程でサーキット場に着けるのです。

 

そして、もう一つの大きな障壁はやはり嫁さんの許可を得ること。どうしてもやりたかったので、それはもう連日のように頼みました。それでもって家のことをやったり、靴をプレゼントしたり。色々ちゃんとするという条件で許可をもらいました。中年がおもちゃ買ってもいいという許可をもらってマジ喜びです。

 

マツダの787Bのミニッツレーサーを買うつもりでしたが、嫁さんの好みじゃないとかの横槍等もあり、結局オレンジのポルシェを最初のマシンとしました。

f:id:unicorn0vf25:20180211024539j:plain

絶対最初は下手だからすぐ壊すだろうという予感がしました。それなら丸っこいポルシェの方が壊れにくいかもという発想からの車種選定です。

今回買ったのはレディーセットという入門用のもので、電池を入れればすぐに走らせることができるらしいです。価格も抑えてあるのでまずはこれで十分。

 

そして、もう一つ。

坊主の誕生日にミニ四駆をプレゼントしたのです。4歳には早すぎるっていうのは承知してましたけど、完全にこれは僕の趣味の押し付けですね。一緒に遊べるんじゃないかなーという想いです。

もちろん、組み立てやメンテは一切父ちゃんがやるので、その辺りのアフターサービス込みのプレゼントをしました。

f:id:unicorn0vf25:20180218221353j:plain

先日ミニ四駆のコースデビューをしました。坊主は目が輝いてましたね。これはプレゼントとしてアタリだったかなと思います。レゴブロックやディズニーアニメのDVDよりも安上がりだったけれど。 

そして僕もミニッツのサーキットデビューを果たしました。なんの予備知識なしにミニッツとミニ四駆の世界に飛び込んでいく記録をこのブログやウェブサイトに掲載していきたいと思います。

いい加減、ブログを割った方がいいのかしら。いやいや個別に管理なんてまずムリ。

カテゴリー分けしてちまちま書いていきます。どうぞよろしくお願いします。