読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みプラ戦記(briefing)

メインの発信拠点であるホームページ「積みプラ戦記」での近況活動や見通しについて書いていきます。ブログのみのコンテンツとしては、雑記や生活に関する日記等。

技MIXの方向性が不安です

日記 技MIX

仕事から帰って少しでも時間があるときはもっぱら、PS3ACE COMBAT INFINITYを数回プレイしています。課金しなくてものんびり遊ぶ分には十分楽しめるし、機体のアップデートやアンロックがやり込み要素となっていて、少しずつ強化していくのもなかなか楽しいです。

そして、そのACE COMBATと相性がよろしいのが1/144の飛行機模型、技MIXなのです。コラボで歴代シリーズの機体をそのまま模型としてリリースしている点はもちろんだが、それに限らずとも魅せ方の上手なACE COMBATのグラフィックは飛行機模型の購買意欲をそそらせてくれるものといえるでしょう。第一、僕はACE COMBATシリーズの根っからのファンではないので、特別機としてドロップしても知らないのでそれほど嬉しく思わないので。

基本的に戦闘機はどれも好きだけれども、特に好きなのはF-2戦闘機なのです。見た目はF-16そっくりだし、もっと高性能な機体は沢山あるのですが、なんやかやでこのF-16そっくりの自衛隊機が一番のお気に入りです。

 

F-16に関しては、その昔Falcon4.0というF-16を題材にしたPC用フライトシミュレーションゲームを遊んだこともあってそれなりに思い入れもあります。もっとも、Falcon4.0はPCのパワー不足でまともに遊べなかったので、中途半端に終わってしまいましたが。そのF-16をベースに開発されたF-2に思い入れが移るのはごく自然なことでしょう。

ACE COMBAT INFINITY上では、F-2はATTACKER(攻撃機)というカテゴリーに入っています。もっぱら対地・対艦攻撃に適しており空中戦は苦手という扱いになっています。ゲーム上では動きが鈍重で戦闘機(FIGHTER)に狙われると簡単に撃ち落されてしまうのですが、実際のF-2は対戦闘機戦闘能力も高いらしいです。もともと支援戦闘機という扱いだったのですが、ソフトとハードの両面のアップデートで当初よりも性能も大幅に向上しているとかで、優秀なマルチロール機となっているみたいです。

 

前置きが長くなりすぎました。

さて、その大好きなF-2ガンプラと同じ1/144スケールで、しかも彩色済みでリリースしてくれているTOMYTECの「技MIX」シリーズに少し前から注目していまして、今後の商品展開にも大変期待しているところなのです。

ところがですね。その今後について少々不安材料があるので、それについて今日は書こうと思い至ったわけです。これはあくまで1ファンの個人的な展望に過ぎませんです。

 

不安材料。というのはつまり今後の商品展開に対することに他なりません。

シリーズ第一弾のF-15が発売されたのが2009年5月らしいですから、足掛け7年経っていることになりますが、これまで商品化された機種は大雑把に数えて、10種類。

これはジェット機と大戦時のプロペラ機、ヘリも含めての数です。

一方で、同じF-15のカラーバリエーションだけで50種類近くも発売されています。カラーバリエーションの大半は、記念塗装や特別塗装などです。

これはどういうことかと言いますと、同じ機種のカラバリばかり何十種類も発売されて、新しい機体は全然発売されていないということですね。

現在発売されている機種のうち、ジェット機だけでいうとF-15F-4、F−2、F-22Su-27/37(発売予定)。これだけ。

同じ金型を使いまわして可能な限り利益を得ようとしているのはさすがに予想がつきます。それでも、シリーズを息長く続けるための施策としてというなら仕方のないことですし、僕は特別塗装機をたくさん揃えようと思わないけれども、コレクションしたいという方もいるでしょうから、のんびりと新機種の登場を待とうと思いたいところです。

ところが、どうやらシリーズの方向性は自分の思っているのとは違う方向に進みそうな気配になってきました。

ACE COMBAT登場機から始まり、「ガーリー・エアフォース」登場機、そしてマクロス機の登場というように、アニメ作品登場の機体を商品化する方向性に変わったみたいです。ガーリー・エアフォースって何ですか?

 

マクロスマクロスΔバルキリーが技MIXから発売されるという情報を聞いた時は、驚きと同時に寂しく感じました。この先、現行戦闘機の商品化を期待するのは無理かもしれないなと。

僕もマクロスは好きなので、バンダイのプラモではVF-25は結構揃えましたけどね。

技MIXでガンプラと同じ1/144スケールでバルキリーを並べることができるという部分に魅力を感じつつも、技MIXマクロスシリーズについては少し様子見しようかと思います。

そもそもの値段がかなり高いので躊躇してしまうということもありますが、何というか技MIXにこれを求めていたわけではないというかね、そんな理由です。

技MIXには現行戦闘機シリーズを中心に商品展開してもらいたかった。様々な機種を並べたかったのですが、これは無理な期待でしょうかね。