積みプラ戦記(briefing)

メインの発信拠点であるホームページ「積みプラ戦記」での近況活動や見通しについて。プラモデルとミニッツレーサーとモンキーのことばかりです。

至高のガンダムゲーを再購入した

僕はガンダムが好きです。

だから、ガンダムのゲームも気になるものはたくさんプレイしてきました。

そして気が付いたことは、ガンダムのゲームは結構クソゲーがおおいこと。

ガンダムを自分のコントロールで動かせる。この魅力に取り入られて出たタイトルをなかなかの頻度で購入してきたが、大概これじゃない感の強いものでしたね。

数々のガンダムクソゲーの思い出を語るのもまた楽しいかもしれないですが、それは次回の企画に回すとして。

今日はガンダムゲーの中でもそのコンセプトが秀逸で至高とも言えるほどに魅力を感じていたにも関わらず、未クリアで手放したゲームを再購入した話なのです。

 

そのゲームとは。PS2ジオニックフロント」です。

ジオン公国側の視点に立ったシミュレーションゲームです。このゲームを味わい尽くす前に僕は一旦手放しましたが、再びプレイしたい衝動に突き動かされて購入しました。

PS2はもうすでに持っていないのですが、今も絶賛稼働中の我が家のPS3は初期型。

PS2のソフトも問題なく動作します。

 

このゲームの素晴らしさはオープニングムービーからいきなりわかります。

めっちゃくちゃ格好いいんです。確かにCGの画質はその時代のものだから、今から見ると人がお人形に見えてしまうのですが、そんなことよりもモビルスーツの重厚感、戦場を駆け抜ける疾走感。ジオン軍の不退転の進軍の姿がこれでもかと盛り込まれているのです。音楽も最高です。

これを超えるゲームのオープニングムービーはなかなかないと思います。

  

 

そして、ソフトに収録された特別編集アニメ「ジオンの悲憤」もまた素晴らしい出来。

ゲームの舞台となるジオンMS特殊部隊「闇夜のフェンリル隊」の軌跡について語られています。

 

語り手のゲラート・シュマイザー少佐のCVをされていた石塚運昇さんがつい先日お亡くなりになってしまいました。本当に凛々しい声です。

 

この二つの映像だけで、何か湧き上がるものがあるなら、あなたは立派なジオン国民です。とりあえず、ガンプラでも作りますか?笑

 

この二つの映像だけでもジオニックフロントの素晴らしさを伝えられると思いますが、さて肝心のゲームの中身はというと。

実はクソゲーという評価も当初はあったのです。なぜかというと難易度がものすごく高い。ザクに乗っていても背面からだと連邦の61式戦車に容易に破壊されてしまいます。

モビルスーツが飛んだり蹴ったりするアクションゲームを期待していたら、とんでもなくつまらないと感じるでしょうね。かつての僕もアクションゲームを期待していた一人だったので、手放してしまったのです。

 

ゲームは事前に侵攻ルートや、タイミングを図るための作戦コードなどを設定したのちに、MSを操縦しながら僚機と連携をとって作戦目標を達成します。

この事前のルート設定が作戦の肝であり、クリアできなければ何度もプランを練り直すことになります。

このようにじっくり噛みしめるように楽しむゲームです。プレイ環境をお持ちの方、ぜひトライしてみませんか?

ちなみにガンダムとの遭遇戦のシミュレーション戦で、ガンダムの化け物じみた強さを感じることができます。

無線であっという間に味方の小隊が全滅を告げられ、自分がガンダムを視認したと思ったらもう破壊されているという始末。まさに鬼神です。

その分、倒した時の達成感は半端ないです。

 

僕も目一杯この不利な状況を楽しみたいと思います。

 

 

ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079

ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079