積みプラ戦記(briefing)

メインの発信拠点であるホームページ「積みプラ戦記」での近況活動や見通しについて。プラモデルとミニッツレーサーとモンキーのことばかりです。

ミニッツレーサー復帰 ~現状を整理。まずはバッテリー~

さて、半年の自粛期間を乗り越えてミニッツレーサーを再開したわけですが、そこそこ長い期間離れていたので、最後マシンの調子はどうだったのかとか、どう調整するつもりだったのかとか全部きれいに忘れてしまっています。

なので、改めて1~3号車まで一から組み直すつもりで取り組もうと思います。

1号車はナロートレッドのポルシェ911GT3RSですが、最後に走ったのは印西トップフォースで、しかもコーナーリングでゴロゴロ転がってまともに走れないままの状態でした。先日のTAKEKAWAさんのところでも当然まともに走りませんでしたけど、これもちゃんと遊べるくらいには調整してあげるつもりです。

2,3号車は自粛直前まで走れていた状態だったので、先日の復帰走行でもそれなりに走れていましたが、これもさらにレベルアップを目指して組み上げていきましょう。

 

まず第一にバッテリーのチェックから入ります。

ミニッツレーサー用のニッケル水素バッテリーですが、旧オリオンのが2セット程とSPEED HOUSEのものが3セットあります。

旧オリオンはすべて内部抵抗が著しく高い状態なので(もはや1500mΩ超のものもある)ミニッツレーサーに使用するのはあきらめます。

充電器は京商のマルチセルチャージャーを使っています。これあまりにも内部抵抗が高いバッテリーをセットすると、充放電が0.2Aで固定されてしまったりバッテリーがニッケル水素ではないと誤認します。ここまでのものはさすがに使用に耐えられないと判断して、廃棄処分にしました。なんとか0.8Aで充放電できるものは残した結果オリオンのものは2セット分残ったわけですが、これらも充電時は200mΩ以上、放電時は1000mΩ近くの内部抵抗を示すので、せいぜい使用できてもプロポ用かミニッツとは別の用途に使用することになりそうです。まあ、ミニッツ始めてずっと使っていたものなのでこれらの寿命は仕方ないでしょう。

そしてSPEED HOUSEの新バッテリーについても半年の自粛期間中思い出しては充放電してましたけど、200mΩ以上の内部抵抗を示しています。一応先日のサーキット走行ではそこそこ走ってくれましたけど、タイムアタックには当然向かないので練習用と割り切ることにして、今回新しいSPEED HOUSEバッテリーを何セットか買いました。

 ミニッツは非常に燃費がよろしくて、バッテリー1セットで1時間近く走れます。1回のサーキット走行で3セットもあればまあ、使い切ることがないです。

今の使い古したバッテリーの様子を見つつ新品と入れ替えていきます。

そして、次は載せるボディについて検討します。

つづく。